磁性流体とマグネティック・パティ

Features:

おもちゃ

磁性流体(ferrofluid)とは、流体(水や油)に磁性ナノ粒子を分散させて、界面活性剤で覆ったもの。いろいろと工学的な応用がなされているだけでなく、その興味深い振る舞いから、アート作品にも利用されていたりする。

購入リンク:

解説

磁性流体とは

磁性流体(ferrofluid)とは、流体(水や油)に磁性ナノ粒子を分散させて、界面活性剤で覆ったもの。1960年代、Steve Papellというエンジニアによって、重力がない状況で供給のコントロールが可能なロケットの燃料として用いるために考案され、その後NASAによって発展させられた。

現在では、ハードディスクドライブ(HDD)などに用いられている磁性流体シールをはじめ、いろいろと工学的な応用がなされているだけでなく、その興味深い振る舞いから、アート作品にも利用されていたりする。



オモチャやアートとして

例えば、「スパイク現象」といって、磁石に近づけるとその磁力線に沿って流体がとげとげな形をとったりもする。 通販でも買えるので、興味がある人は買って遊んでみてもいいだろうし、磁場を可視化して体感するといった子供の自由研究などにも適してるかもしれない。



マグネティック・パティ

流体ではなく、シリコンに磁性体を練り込んだこんなものも存在する。

via GIPHY


関連アイテム